お問い合わせ お気に入り一覧へ
求人一覧 お気に入り
一覧へ



メニュー

株式会社グリーンソウル 代表取締役 米田拓実

greensoul01.jpg greensoul02.jpg

明るく未来の見える農業を

株式会社グリーンソウル

代表取締役 米田 拓実

私たちは、地域に根ざした農業を基本としており、事業拡大と雇用創出に力を入れています。

大根、長芋、ごぼう、水稲を生産・販売する農業法人です。にんにくにもチャレンジ

※社名:グリーンソウルとは・・・文字どおり「緑の大地の魄」の意を込めて米田代表が命名。

所在地 十和田市米田字万内265-2
設立年月日 平成24年4月2日
事業内容 農産物の生産・販売、農作業受託
従業員数 30名(うち14名が20~30代の若手)
事業規模 90ha
:大根50ha、長芋21ha、ごぼう15ha、水稲4ha

グリーンソウルの一年

1年間を通して、農産物の生産・販売、農作業受託を行います。

greensoul03.jpg

greensoul04.jpg

作業の簡略化と省力化

  • 積極的に機械の導入を推進
  • 複雑な作業工程を簡略化
  • 作業全体の省力化を図る

グリーンソウルの経営戦略のポイント

  1. 農地集積は、機械の移動効率を考え、半径5km以内に全体の2/3に確保(所有&中間管理事業等を活用した貸借)。
    ⇒地域住民から貸付申込みが多数=農地集約へ。耕作放棄地も再生。
  2. 効率的かつ適時作業の実現のため、GPS自動操舵付きトラクター~作物毎の収穫調整機器を各種保有。
    ⇒操作が大好きな若手就業の機会創出と作業経験の差を軽減。補助金等を活用した機械の増強も可能。
  3. 魅力ある職場づくり(働きやすさ、資格取得支援、各種研修会への参加等)と農の雇用事業等活用による安定就業。
    ⇒独自の求人広告で地域へPR。
  4. JAや市場、近隣加工会社とも広くネットワーク構築
    ⇒地域との共存共栄、信頼される企業へ。
  5. 新部門(にんにく)にチャレンジで収益増大と雇用拡大へ。
    ⇒加工部門、6次産業化の推進で新たな常時雇用の確保と労働力の均等化、関連会社化による補完システム構築へ。

greensoul05.jpg

今後の方向性

greensoul06.png

効率的な経営戦略と新たな人財確保により、地域に信頼される農業法人となることが地域農業全体の活性化へつながる。

(株)グリーンソウル 米田代表

一緒に働く、仲間をどんどん募集しています!

greensoul07.jpg

上部へ