お問い合わせ お気に入り一覧へ
求人一覧 お気に入り
一覧へ



メニュー

青森りんごの作業

apple.jpg

りんごづくりは、年間を通じてほとんどが手作業です。その作業は、どれも「おいしいりんご」づくりには欠かせないものばかりです。

毎月の作業

apple_work.png

各作業の内容

りんごの作業は、一般的には10アール(1,000平方メートル)当たりで約223時間もの時間がかかります。その中には、相当の熟練を要する作業もあります。

整枝・せん定 1月末~3

sentei.jpg

整枝・せん定は一年の最初の仕事であり、りんご栽培では最も重要とされる技術です。樹の中まで日光が入るようにし、毎年よいりんごが実るように樹の形を整えます。

せん定は、最も熟練を要する作業で、「千本の樹をせん定しなければ一人前になれない」とも言われています。

肥料施用 4

人間と同じように、りんごも栄養が必要です。4月に堆肥や肥料などを施用して栄養を与えます。

肥料が過剰や不足にならないように、土壌診断(土の健康診断)をして適切な量を施用します。

薬剤散布 4月~8月

sanpu.jpg

病害虫からりんごを守るために行います。県の基準では年間10回の散布で、りんごが果実になってからは7回程度散布します。

農薬は、安全に正しく使い、周辺環境にも配慮しながら散布しています。

草刈り 5月~9月

kusakari.jpg

りんご園では、土からの水分の蒸発や土壌の浸食を防いだり、有機物を補給するため草を生やしています(草生栽培と言う)。

しかし、草が伸びすぎるとりんごの樹と水分を奪い合ったり、虫などが発生するので、栽培期間内に46回程草刈りをします。

草刈機には、肩にかけるコンパクトなタイプやゴーカートのような乗用タイプがあります。

授粉 5月

りんごの品種のほとんどは、同じ品種の花粉がついても実がなりません。そのため、他の品種の花粉を付ける授粉作業が必要です。

昔は、一つ一つの花に、人手によって花粉を付けていましたが、今ではマメコバチというハチの利用が増えています。

摘果<実すぐり> 6月~7月

tekika.jpg

りんごは、1つの株(花そう)に5つくらい花が咲き、果実を付けます。これら全部を果実にすると、栄養が足りなくなって小さなりんごしかできず、翌年の花もできなくなってしまいます。

そこで、35株に1つだけ果実をならせ、あとは全て取ってしまう摘果作業を行います。こうすることで大きくておいしいりんごができます。

花の時期に花を摘むことを摘花(てきばな)と言います。

袋かけ 6月中旬~7月上旬

fukuro.jpg

昭和30年代までは、果実を病害虫の被害から守るために袋をかけていましたが、現在では、着色や貯蔵性をよくするために行っています。

袋はぎ 9月

中~晩生種の場合、9月中旬から下旬に袋をはぎ、果実に日光を当てます。

着色手入れ<葉つみ、玉まわし>  9月~11月

りんごの果実全体に太陽の光を当て、色がきれいに付くようにします。

葉つみは、りんごの果実に日影をつくる葉を23回に分けて摘み取る作業で、玉まわしは、太陽の光が当った部分だけ赤くなるので、反対側にも色がつくようにりんごの果実を回転させる作業です。下手な人が行うと、果実を回しすぎてりんごを落としてしまいます。

このほかにも、新しく伸びた不要な枝を切る「徒長枝整理(とちょうしせいり)」や、りんごが大きくなって重くなり枝が下がることを防ぐ「支柱入れ・枝吊り(しちゅういれ・えだづり)」、といった作業もあります。

収穫

shuukaku.jpg

1年間大切に育てられたりんごは8月から収穫が始まります。りんごにキズが付かないよう一つ一つ丁寧に収穫します。

上部へ